FC2ブログ

リメイク

仕入れたジャーマンファブリックの中には、
ピローケースやデュベカバーとして使われていたものもあって、
そういうものは、たいてい、中のものを出し入れできるように
こんなボタンのついた袋状のものになっています。

RIMG0013-2_20130816222514ba6.jpg

RIMG0015-2_20130816222512e3f.jpg


ボタンホールも、こんなふうに丁寧に手で縫って作られていたり。
RIMG00051-2.jpg


せっかくなので、このボタンを生かして…と思い、
アンティークのホームスパンリネンとあわせて、
こんなリュックを作りました。

RIMG0003_20130817121928ce9.jpg

ボタンのついていた部分はそのまま用いて、ポケットに。
裏もつけていますので、ポケットとして使えるようになっています。
RIMG0012_2013081712193052f.jpg

RIMG0030.jpg

ふたの裏地にもジャーマンファブリック。
RIMG0013_20130817121934dbf.jpg

肩ひも。裏地のジャーマンファブリックが
表からもちらりと見えるように縫い合わせました。
RIMG0017_201308171237502ea.jpg

RIMG0019_20130817122513f12.jpg

RIMG0021_20130817122024dac.jpg

底には芯も入れてしっかりと丈夫に…。
RIMG0025_20130817122028de2.jpg

内側にはポケットも。
こちらにも肩ひもと同じホームスパンリネンを用いています。
RIMG0032.jpg

RIMG0009_20130817122021b35.jpg

どこかほっこりとした温かみのある、
アンティーク素材の生きた軽やかなリュックに仕上がりました♪
スポンサーサイト



プロフィール

shiroi mokuren

Author:shiroi mokuren


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

上質なリネンやコットン、ウールなどの生地に、繊細なアンティークレースや表情豊かなファブリック…。
これらの素材を用いて、複数の布やレースが 組み合わされたときに生まれる世界観を大切にしながら、アンティーク/ロマンティック/シックなもの、肌触りや風合いのよいもの、身体にやさしく馴染むもの…をコンセプトに、ミシンと手縫いにより、バッグやポーチ、布雑貨を、ひとつひとつ丁寧に制作しています。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム