FC2ブログ

旅行バッグとショルダーバッグ

先日、受注制作させていただきました作品のご紹介です。

パソコンが入れられるサイズの旅行バッグと、
お揃いのショルダーバッグということでご依頼をいただきました。

ともに丈夫な帆布を用いての制作。
レースやリボンなどを使って、内布は花柄生地で、というご希望で、
レース生地は、複数の中からお好きなものをそれぞれ選んでいただきました。

::: 旅行バッグ :::
RIMG0002_20140315235447b9d.jpg


前側のポケットの内布と、バッグ本体の内布には、花柄の綿麻生地を用いました。
少しくすんだ感じのサーモンピンク。
春らしい、気持ちがぱっと明るくなるような素敵な生地です。
パソコンも入れられるとのことでしたので、バッグ本体にキルト綿を挟みました。
RIMG0022_20140315235131071.jpg

RIMG0014_201403152353274dd.jpg


::: 斜めがけショルダーバッグ :::
RIMG0019_20140315235025870.jpg


両方ともファスナー開閉タイプです。
RIMG0023_20140315235328edb.jpg

RIMG0034_20140315235026589.jpg


持ち手・ショルダーは、丈夫な1枚の本革(牛革)から切り出し、
二枚重ねて縫い合わせました。
いずれもショルダー部分の取り外しが可能です。
お客さまのご希望で、取り替え用のショルダーも、別に1本作らせていただきました。
RIMG0040.jpg



昨年秋から体調を崩してしまい、
完成までに大変長らくお待ちいただかないといけない状況だったのですが、
快くお待ちくださり、制作させていただくことができました。
本当にどうもありがとうございました。




スポンサーサイト



ホームスパンリネンのリュックサック(blue)

ご紹介がすっかり遅くなってしまいましたが、
昨年制作させていただきました受注作品のご紹介です。

こちらに掲載させていただきました
ホームスパンリネンのリュックサックをご覧くださり、
ご依頼いただいたものです。


表地に用いたのは、フランスから届いた厚地のホームスパンリネン。
手紡ぎ、手織りの布で、ぽこぽことした表情に温かみの感じられる、
とても素敵なアンティークのリネン生地です。
RIMG0005_20140316161135de2.jpg

お客さまのご希望で、前ポケットの裏側に、ジャーマンファブリックを用いました。
RIMG0025-1.jpg

ボタンもアンティークのもの。
上品で、とても存在感のあるボタンです。
RIMG0012_20140316160239bb1.jpg

(ジャーマンファブリック生地とアンティークのボタンは、
数種類の中からお好きなものをお客さまにお選びいただきました♪)

ボタンをはずして開けると…
RIMG0011_201403161611393b2.jpg

内側にはポケット。繊細なアンティークレースをあしらっています。
RIMG0030_2014031616065350b.jpg

バックスタイル。
肩ひも裏地のジャーマンファブリックをちらりとのぞかせて。
RIMG0013_201403161611379d3.jpg

RIMG0018_2014031616025474c.jpg

RIMG0020.jpg

肩ひもは、長さが調節できるようになっています。
RIMG000119_2014031616065420e.jpg


アンティークならではの、くったりとした生地の質感や、
まるで生地が生きて呼吸していているかのような
ぬくもりある雰囲気をお楽しみいただけるリュックサックに仕上がりました。
素敵なご縁をいただき、どうもありがとうございました*


リメイク

仕入れたジャーマンファブリックの中には、
ピローケースやデュベカバーとして使われていたものもあって、
そういうものは、たいてい、中のものを出し入れできるように
こんなボタンのついた袋状のものになっています。

RIMG0013-2_20130816222514ba6.jpg

RIMG0015-2_20130816222512e3f.jpg


ボタンホールも、こんなふうに丁寧に手で縫って作られていたり。
RIMG00051-2.jpg


せっかくなので、このボタンを生かして…と思い、
アンティークのホームスパンリネンとあわせて、
こんなリュックを作りました。

RIMG0003_20130817121928ce9.jpg

ボタンのついていた部分はそのまま用いて、ポケットに。
裏もつけていますので、ポケットとして使えるようになっています。
RIMG0012_2013081712193052f.jpg

RIMG0030.jpg

ふたの裏地にもジャーマンファブリック。
RIMG0013_20130817121934dbf.jpg

肩ひも。裏地のジャーマンファブリックが
表からもちらりと見えるように縫い合わせました。
RIMG0017_201308171237502ea.jpg

RIMG0019_20130817122513f12.jpg

RIMG0021_20130817122024dac.jpg

底には芯も入れてしっかりと丈夫に…。
RIMG0025_20130817122028de2.jpg

内側にはポケットも。
こちらにも肩ひもと同じホームスパンリネンを用いています。
RIMG0032.jpg

RIMG0009_20130817122021b35.jpg

どこかほっこりとした温かみのある、
アンティーク素材の生きた軽やかなリュックに仕上がりました♪

花柄のフルートバッグ

リクエストをいただき、フルートケースを入れられるバッグを
制作させていただきました。
表地にあしらった花柄のレース生地が印象的なフルートバッグです。

表地には、生成り色のしっかりとした綿麻(コットンリネン)帆布を、
裏地には、ネイビーにほんの少しグレーを混ぜたような、
味わいのあるお色味のコットン生地を用いました。

IMG_2092_20130702225925.jpg

IMG_2046_20130702225927.jpg

IMG_2077.jpg

IMG_2023-640.jpg


バッグ本体には厚手でありながらも、ほどよいしなやかさを兼ね備えた芯を、
裏地にはしっかりと張りのある芯を用いて、丈夫に仕上げました。

IMG_2041.jpg


また、しっかりとフルートケースを支えることができるように、
バッグ底部分には、厚手の芯とキルト芯を入れ、底鋲を打っています。

IMG_2036.jpg



バッグ内部には、A4サイズの楽譜を入れることのできるポケットを…。
少し余裕を持たせる形で取り付けていますので、
厚みのあるものを入れたり、楽譜を複数冊入れることもできます。

IMG_2013.jpg

IMG_2004.jpg



ポケットと反対側には、フルートケースの上を覆うカバーをとりつけ、
フルートケースの上に、必要なものや衣装などを入れていただけるようにしました。
(フルートケースとその上の空間を、そのカバーで区切ってお使いいただけるようになっています。)

IMG_1990.jpg

IMG_1995_20130629011350.jpg



持ち手には、ブラウンの本革を用いました。
一枚の牛革から切り出し、2枚重ねてしっかりと縫い合わせています。

IMG_2082.jpg



また、お客さまのご希望により、リボンのチャームをおつけしました。
持ち手には、厚くしっかりとした牛革を用いましたが、
リボンは、柔らかな山羊革を用いて制作しました。

IMG_2129.jpg

IMG_2137.jpg



使用したキッドスキンと呼ばれる子山羊の革。
生後6ヶ月くらいまでの仔山羊の革を鞣したもので、
きめが細かく、透明感があり、ほれぼれするほど美しい革です。
薄くて柔らかいですが、丈夫さも兼ね備えているので、高級素材とされています。

IMG_2143.jpg



バッグを開閉する際に見える内布のネイビーと、
表地の生成り色のコントラストが印象的で、
上品でシックな雰囲気のフルートバッグに仕上がりました。

IMG_2054_20130702225927.jpg


日々の暮らしの中で、どうかお役に立てますように…。
このたびは、本当にどうもありがとうございました*


::: size :::
横:約46cm
縦 (正面中央):約31cm
マチ:(上部分)約6.5cm(底辺)約12cm
持ち手の長さ: 約55cm

ミモザ色のギャザーバッグ

受注制作のご依頼をいただき、
ミモザ色のギャザーバッグを制作させていただきました。

表地にあしらった生成り色の刺繍生地の部分、
リボン部分に用いたアンティークボタンなどが、
前回制作したものと異なっています。

IMG_2112.jpg

ボタンはアンティークのボタン。彫模様が素敵です。
IMG_2119.jpg




今回ご注文いただいたお客さまは、
過去にこちらの刺繍生地を使って制作したバッグを買ってくださっていて、
とても気に入っていただいている…とのことで、
今回も、こちらの生地を使わせていただきました♪
IMG_2122_20130626200244.jpg


持ち手は、丸芯を本革でくるんで、縫い合わせたもの。
やわらかく肌馴染みのよい持ち手で、肩からもかけていただけます。
IMG_2123.jpg


こちらのバッグが、お出かけをいっそう心地よく、
楽しいものとしてくれますように…。
このたびは、本当にどうもありがとうございました*
プロフィール

shiroi mokuren

Author:shiroi mokuren


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

上質なリネンやコットン、ウールなどの生地に、繊細なアンティークレースや表情豊かなファブリック…。
これらの素材を用いて、複数の布やレースが 組み合わされたときに生まれる世界観を大切にしながら、アンティーク/ロマンティック/シックなもの、肌触りや風合いのよいもの、身体にやさしく馴染むもの…をコンセプトに、ミシンと手縫いにより、バッグやポーチ、布雑貨を、ひとつひとつ丁寧に制作しています。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム